歴史と自然のまち「亀岡」

亀岡市に住みたい!
賃貸 高槻市を探すならピタットハウスJR高槻店へ!当サイトでは高槻市を中心に島本や摂津富田、山崎など最寄り駅から賃貸物件を探す事ができます。ぜひ当サイトでパパっと探してピタッと見つけてみてください♪
代金を頂く際は、みつ井旅館 支払い方法は全て現金のみとなっております。 クレジットカードなどは受け付けておりませんので、ご宿泊の際は現金の用意を忘れないようお願い申し上げます。

明智光秀

亀岡市の発展に大きく貢献した人物としてあげられるのが明智光秀です。丹波国主として丹波亀山城を築城し、城下町である亀岡を成長させた人物です。亀岡市ではその功績をたたえ、「亀岡光秀まつり」を開催するなど、現在でも人々に敬われ愛されていることが伺えます。

明智光秀とは

享禄元年(1528年)-天正10年6月13日(1582年7月2日)

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。戦国大名・織田信長の重臣の一人で、日本史の謎の一つとされる本能寺の変を起こした人物として有名です。本姓は源氏で。後に朝廷より惟任の姓を賜ります。家系は清和源氏の摂津源氏系で、美濃源氏土岐氏支流である明智氏。通称は十兵衛、雅号は咲庵(しょうあん)。惟任光秀とも呼ばれます。妻は妻木煕子でその間には、細川忠興室・珠(洗礼名:ガラシャ)、嫡男・光慶(十五郎)、津田信澄室がいます。善政を行ったとされ、領国の各地で祀られるいて、忌日に祭事を伝える地域(光秀公正辰祭・御霊神社)もあるほどです。後世、江戸時代の文楽「絵本太功記」や歌舞伎「時桔梗出世請状」をはじめ、小説・映画・テレビドラマなどでもその人物がとりあげられていて、歴史上の武将の中で最もメジャーな人物といっても過言ではないでしょう。

自然と住まう町
愛犬の登録件数7万頭以上、躾の体験は70万回を越えました!<ペットシッターなら、a href="http://www.dogdog.co.jp/">愛犬のお散歩屋さん。本部リーダー(JTL代表:古田)は、日本獣医生命科学大学の履修生14年目。その受講知識を基に、毎月定例研修会を開催しております。

歴史

織田家仕官以前

青年期の履歴は不明な点が多く、通説によれば光秀は美濃国の守護土岐氏の一族で、土岐氏にかわって美濃の国主となった斎藤道三に仕えるも、弘治2年(1556年)、道三・義龍父子の争い(長良川の戦い)で道三方であったために義龍に明智城を攻められ一族が離散したとされています。その後、母方の若狭武田氏を頼り、越前国の朝倉義景に仕えました。永禄8年(1565年)に室町幕府13代将軍足利義輝が三好三人衆や松永久秀によって襲殺されると、その弟義昭が姉婿である若狭国守護武田義統のもとに逃れ、さらに朝倉義景を頼ったことから、光秀は義昭と接触を持つこととなりました。義景の母は若狭武田氏の出であり、光秀の母は武田義統の姉妹と伝えられることから、義昭の接待役を命じられたといわれています。義昭が上洛を期待しても義景は動かず、そこで義昭は斎藤氏から美濃を奪取した織田信長に対し、京都に攻め上って自分を征夷大将軍につけるよう、光秀を通じて要請しました。光秀の叔母は斎藤道三の夫人であったとされ、信長の正室である濃姫(道三娘)が光秀の従兄妹であった可能性があり、その縁を頼ったのではといわれています。小和田哲男は、将軍義輝の近臣の名を記録した『永禄六年諸役人附』(『群書類従』収載)に見える足軽衆「明智」を光秀と解していて、離散後朝倉義景に仕えるまでの間、足軽大将として義輝に仕えていたとしています。『永禄六年諸役人附』は、記載された人名から前半の義輝期と後半の足利義昭の将軍任官前の二部に分かれています。「明智」の記載があるのは後半部です。ルイス・フロイスの『日本史』や興福寺多聞院英俊の『多聞院日記』は、もとは細川藤孝に仕える足軽・中間であったと記されています。また、光秀自身の出自に朝廷と深い関わりがあったとしている文献(信長公記)も残されています。

織田家臣時代

史料分析によると、永禄12年(1569年)4月ごろから木下秀吉(のちに羽柴に改姓)、丹羽長秀、中川重政と共に織田氏支配下の京都と周辺の政務に当たり、事実上の京都奉行の職務を担います。各地を転戦して、義昭と信長が対立し始めると、元亀2年(1571年)頃に暇願いを義昭に出すが許可をもらえず、同年比叡山焼き討ちで中心実行部隊として武功を上げ近江国の滋賀郡(約5万石)を与えられ、天正元年2月今堅田城の戦いをきっかけに義昭と袂を別って信長の直臣となりました。同年(1573年)坂本城を築いて居城とし、天正3年(1575年)に、惟任(これとう)の賜姓と、従五位下、日向守に任官し、惟任日向守となります。城主となった光秀は、石山本願寺(高屋城の戦い、天王寺の戦い)や、信長に背いた荒木村重と松永久秀(有岡城の戦い・信貴山城の戦い)を攻めるなど近畿の各地を転戦しつつ、丹波国の攻略(黒井城の戦い)を担当し、天正7年(1579年)これを平定しました。

丹波国主

これらの功績によって、これまでの近江国滋賀郡に加え丹波一国(約29万石)を与えられ、計34万石を領するようになった光秀は、丹波亀山城・横山城(現福知山城)・周山城を築城します。また、家老の斎藤利光に黒井城の増築をさせ氷上群の領主としました。京に繋がる街道の内、東海道と山陰道の付け根に当たる場所を領地として与えられたことからも、光秀が織田家にあって重要な地位にあったことが伺えるます。また丹波一国拝領と同時に丹後の長岡(細川)藤孝、大和の筒井順慶等、近畿地方の織田大名の総合指揮権を与えられました。これら与力の所領を合わせると240万石ほどになり近年の歴史家には、この地位を関東管領になぞらえて「山陰・畿内管領」と呼ぶ人もいます。天正9年(1581年)には、京都で行われた信長の「閲兵式」である「京都御馬揃え」の運営を任されました。

本能寺の変

天正10年(1582年)6月2日(西暦6月21日)早朝、羽柴秀吉の毛利征伐の支援を命ぜられて出陣する途上、光秀は「敵は本能寺にあり」と発言し、主君信長討伐の意を告げたというエピソードはあまりにも有名です。本城惣右衛門覚書によれば、雑兵は信長討伐という目的を最後まで知らされなかったそうです。二手に分かれた光秀軍は信長が宿泊していた京都の本能寺を急襲して包囲しました。光秀軍1万3000人に対し、近習の100人足らずに守られていた信長は奮戦したのですが、やがて屋敷に火を放ち自害します。しかし、信長の死体は発見されず、その後、二条御所にいた信長の嫡男の織田信忠や、京都所司代の村井貞勝らを討ち取りました。光秀は、自分を取り立ててくれた主君である信長を討ち滅ぼしたために、謀反人として歴史に名を残すことになりました。一方で光秀の心情を斟酌する人間も少なくなく、変の背景が未だに曖昧なこともあって、良くも悪くも光秀に焦点をあてた作品が後に数多く作られています。光秀がなぜ信長に謀反をしたのか、その理由は明らかになっていません。

その後

光秀は、本能寺の変を知り急遽毛利氏と和睦して中国地方から引き返してきた羽柴秀吉の軍を、本能寺の変から11日後の6月13日(西暦7月2日)現在の京都府大山崎町と大阪府島本町にまたがる天王山の麓山崎で、新政権を整える間もなく迎え撃つことになりました。この決戦で光秀は羽柴軍に大敗し、坂本を目指して落ち延びる途中、本経寺付近の竹薮で落ち武者狩りの百姓に竹槍で刺し殺されたと伝わっています。明智軍の兵力は羽柴軍の兵力を上回っていたにも関わらず、光秀が敗戦した原因は「主君殺し」の汚名で精神的に萎縮したためといわれています。

いま密かに人気の観光スポット「亀岡」
2013 歴史と自然のまち「亀岡」
京都府亀岡市 亀岡市の特産品 亀岡市のお祭り 亀岡市オススメ観光スポット 出雲大神宮
保津峡 亀岡の自然 亀岡市出身の有名人 明智光秀 亀岡市の姉妹都市